Re:ゼロから始める異世界生活のネタバレ【小説・アニメ・漫画】

「リゼロ」リューズは聖域の結界の核となったハーフエルフ|リューズ達のその後は?

リゼロ聖域の結界の核 リューズ 複製体のその後

「リゼロ」リューズは、始祖リューズ・メイエルを元に多数の複製体がいる存在です。

400年前にベアトリスの友達となったメイエルが、聖域を守るために結界の核となり、それから多数の複製体が誕生しました。リゼロのリューズを詳しく知りたい方は本記事をご覧ください。

リューズ・メイエルとは?

400年前に聖域にいたハーフエルフ

リューズ・メイエルは、400年前にエキドナやベアトリス、初代ロズワールと共に聖域で過ごしていたハーフエルフです。

亜人として迫害を受けていたリューズは、エキドナが守護する聖域に保護されました。

そこでベアトリスと多くの時間を共有し、友達となっていきます。

聖域の結界の核となる

リューズは、聖域の結界の核となり、魔水晶の中に入ることでその命を終えます。

魔水晶の中に入ることは人生の終わりを意味していましたが、外で迫害されていたリューズにとって、聖域での幸せな日々は変え替えのない幸福であり、その幸福の象徴である聖域を守るため、自らのオドを捧げることを決心したのでした。

リューズによって聖域の結界が展開、急襲してきたヘクトールが退けられ、聖域は守られることとなります。

複製体が定期的に誕生

リューズが入った魔水晶は、周囲のマナを吸収していき、一定以上のマナが溜まるとリューズの複製体を生み出すようになりました。

最初の四体はエキドナによって人格を与えられ、聖域を維持するための管理者の役割を与えられます。

リューズの複製体

リューズの複製体は、スバルが聖域に訪れた時点で27体が存在していました。

聖域の管理者を任された最初の四人

最初に生み出された四人は、エキドナに聖域の管理者に任命され、自我と名前を与えられます。

  • アルマ
  • ビルマ
  • シーマ
  • デルマ

擬似的なオドにマナを纏うことで体を形作っているため、一日中顕現することはできず、マナが切れるタイミングで他の管理者に交代し、4人で1人のリューズとして聖域の里の長老を務めていました。

魔女スピンクス

魔女スピンクスは、エキドナが世界に再臨するため、複製体の1体に「魂の転写」を行った相手です。

リューズの器に対してエキドナの魂は大きすぎたため、器から人格が零れ落ち、強欲の魔女としての能力だけが残って暴走したのがこのスピンクスになります。

魔女スピンクスはルグニカ王国の最大の内乱、亜人戦争を引き起こした人物であり、バルガ、リブレと共に亜人陣営の中心人物となっていきました。

人格のない複製体

他のリューズの複製体は、全員自我が与えられておらえず、指揮命令権を持つ者の命令を忠実に聞く、人形のような存在です。

ただし、聖域解放後は、シーマを除く管理者の三人が、自我を持たない複製体に生きる意味を教えることを目的と掲げ、アーラム村で暮らしながら、自我や人格の獲得を目指しています。

リューズの主なストーリー

迫害を受けていたメイエルが聖域に保護

リューズは、ハーフエルフとして外の世界で迫害を受けており、聖域の構築に当たっていたエキドナ達に保護されます。

聖域の集落での日々は、迫害の心配のない安寧で満ちており、リューズは深くエキドナやロズワールに感謝を捧げるようになります。

ベアトリス達と幸せな日々を送る

聖域の核の資質があるとされていたリューズは、ベアトリスが一緒に過ごす時間が多くなります。

リューズは、最初は自分に対して何らかの目的があるため、ベアトリスもエキドナもよくしてくれるのだと考えていましたが、美しく穏やかな日々を共有する中で、本物の友情をベアトリスに感じるようになっていきました。

ヘクトール襲撃により聖域の結界の核となる

本来、リューズのマナを土壌にゆっくりと浸透させることが必要でしたが、憂鬱の魔人ヘクトールが急襲してきたことで、その時間がなくなってしまいます。

いくつかの手順を飛ばし、リューズが魔晶石の中に入り、リューズのオドを核として聖域の結界を展開することが可能でしたが、それはリューズの人生の終わりを意味することでした。

しかし、リューズは聖域での日々に幸福を感じており、この幸福を守るためなら自分の身を捧げても構わないとエキドナに伝えます。

その結果、ロズワールとエキドナがヘクトール相手に時間を稼ぐ間、魔水晶の元に導かれたリューズが、ベアトリスにお別れを告げて、魔水晶の中に入ることとなりました。

聖域の管理者の役目を託された最初の四人が登場

聖域の結界が展開された後、魔水晶からはマナが溜まると同時に、リューズの複製体が排出されるようになります。

最初の4人に関しては、聖域の維持管理を役目として与え、エキドナが自我と知識を組み込みました。

魔女スピンクスが登場

また、「魂の転写」による世界への再臨を目論んでいたエキドナは、リューズ相手に秘術を実行します。

しかし、エキドナの魂はリューズの器では収まりきらず、結果としてエキドナの人格が零れ落ち、魔女としての力だけを有した存在が誕生してしまいました。

この一体は魔女スピンクスとして恐れられ、亜人戦争において亜人陣営の中心人物として、ルグニカに立ちはだかることになります。

シーマが墓所の中に入る

ガーフィールが幼少の頃、墓所の試練に挑んで戻らなくなり、フレデリカに頼まれ、管理者の役割を任されていた一体のリューズ・シーマが墓所の中に入ります。

シーマは、ここで自分達の始祖であるリューズ・メイエルの過去の記憶をみることになりました。

また、エキドナは自らの魂を少しだけシーマの中に植え付けます。

聖域解放後はアーラム村で生活

エミリア達によって聖域が解放された後、複製体は指揮命令権を持ったエミリアに付き従うようになります。

シーマを除く管理者の3体は、自我を持たない複製体に人生の意味を教えることを新たな目的として定め、アーラム村で生活を始めることとなりました。

公に露呈すると、ロズワールが国家転覆を考えて複製体の軍団を揃えていると噂が立ちかねないため、基本的には村周辺で過ごすこととなっていますが、アナスタシア陣営の諜報網には引っかかっており、同じ顔と体の少女が多数存在すると、怪談話のような扱いになっています。

シーマの体に移ったエキドナが世界に再臨

シーマの体は、徐々にエキドナの魂が注がれていき、聖域解放と同時にエキドナが完全支配を遂げていました。

魔水晶を回収したシーマ(エキドナ)は、その中に他の魔女達の魂を移し、自らをオメガと名乗って世界に再臨します。

リューズの主な関係者

エミリア陣営関係者
エミリア パック スバル ロズワール
ラム レム オットー ガーフィール
ベアトリス フレデリカ リューズ ペトラ
パトラッシュ アンネローゼ クリンド
ガーフの家族
ガーフ フレデリカ リューズ リーシア

※リゼロ最新巻29巻が126円(600円割引)で読める!!

リゼロ最新刊29巻が2022年3月25日に発売されました。U-NEXTの31日間無料トライアルに登録することでリゼロの最新刊を600円割引の「126円」で読むことができます。

九神将「ヨルナ・ミシグレ」を陣営に引き入れるため魔都カオスフレームに向かったスバル達は、「幼児化」の危機にさらされ「かくれんぼ」を提案される。再びの窮地に立ち向かうため、スバルはついにルイ・アルネブと向き合うこととなる…!?

リゼロ29巻を600円割引で読む

本ページの情報は2022年4月1日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ABOUT ME
りさ
寝食忘れるほどのラノベ好きが高じてブログを作って執筆を始めてみました! 今まで累計200冊近くのラノベを読破! 好きなタイトルは『Re:ゼロから始める異世界生活』『転生したらスライムだった件』 好きなキャラは『モフモフのグレーの猫型精霊パック!』 オススメVODサービスは『U-NEXT』です!
リゼロのアニメ・OVAを動画配信サービスで楽しむ
VODサービス

下記のリゼロのアニメ・OVAの映像作品は動画配信サービスを利用することで視聴できます。

  • リゼロアニメ 1st season
  • リゼロアニメ 2nd season
  • リゼロOVA「Memory Snow」
  • リゼロ劇場版「氷結の絆」

動画配信サービスには初回登録時に無料で利用できるトライアル期間があり、無料期間を活用することで、リゼロの映像作品を無料で楽しむことができます。

リゼロ作品の取り扱いがあり、かつ無料トライアルの提供がある動画配信サービスを調査しましたので参考にしてください。