Re:ゼロから始める異世界生活のネタバレ【小説・アニメ・漫画】

「リゼロ」レムは双子の鬼姉妹の妹|眠り姫から目覚める時、記憶と名前はいつ戻るのか

リゼロ眠り姫から目覚めた レム 双子の鬼姉妹の妹

「リゼロ」レムは、鬼族の隠れ里に住んでいた双子の鬼姉妹の妹です。

暴食の権能により一年以上眠り姫とされたレムが、いつ目覚めるのか、記憶と名前は元に戻るのかなど、リゼロのレムを詳しく知りたい方は本記事をご覧ください。

レムとは?

双子の鬼姉妹の妹

レムは、双子の鬼姉妹の妹です。

神童のラムに対してレムの能力は平凡で、周囲の期待に答えようと必死に努力してきたレムでしたが、一向にラムに近づくことができず、心の中で僅かにラムの双子として生まれたことに辛さを抱えるようになります。

ただ、ラムはレムを溺愛しており、レムもラムのことが大好きであるため、この当たり前の不満は表に出ることは基本的にありませんでした。

しかし、魔女教徒襲撃の際に目の前でラムの角が折れた時、心の中で「やっと折れてくれた」と感じてしまい、その罪悪感の贖罪として、レムはラムの代替品としての人生をスバルと出会うまで歩んでいくこととなりました。

ナツキ・スバルの介添人

レムは、自分の人生に戻してくれたスバルを英雄視しており、エミリアへの想いを知りながら、ナツキスバルの介添人として甲斐甲斐しくお世話をする万能お役立ちメイドの立場を取っています。

基本的にスバルに対しては全肯定の態度ですが、スバルが理想を「諦める」ことだけは許容せず、スバル曰く、自分に最も厳しい女性という一面もあります。

抑圧的だった時代から解放されたことで、構ってちゃん的な要素が強くなっており、第二夫人でいいですよ発言をするなど、スバルに対する愛情が制御不能な状態まで迸っています。

レムの強さ・能力

万能お役立ちメイド

レムは、ロズワールに保護されてから、ラムの代替品として完璧であろうと認め、メイド仕事にも全力で取り組んできました。

その結果、ロズワール邸においては使用人筆頭の立場を獲得しており、メイドとして万能なスキルを保有しています。

戦闘も平均的な鬼族ではあるものの、亜人族最強の部族の力を発揮することができるため、超越者以外の相手であればレムも普通に強いです。

治癒魔法とモーニングスター

レムは水魔法に適性があり、使い手の少ない治癒魔法を使うことができます。

闇レム時代にスバルを捕縛した際は、破壊と治癒を繰り返す拷問をスバルに使うなど、ヤバイ使い方をしていました。

モーニングスターは、ジュリア時代のロズワールが集めた武具の一つで、クリンドが調整し、レム用に色塗りされたものとなっています。

IFストーリーでのレムとスバルの子供

IFストーリー「IFから始める異世界生活」では、王都でスバルが一緒に逃げてくれと頼んだ時、レムが了承した場合の物語が描かれています。

二人は一年ほどカララギを彷徨った後、第二都市バナンに居を構え、ハリベルやティアと家族のような関係を構築しながら、二人の子供を作っていました。

リゲル

リゲルは、二人がバナンに住居を構え、スバルが仕事を得てすぐに妊娠が発覚した子供です。

重度のシスコンでスピカを溺愛しており、将来はスピカと結婚する禁忌を夢見ています。

一本角ではありますが、鬼族の力を引き継いで類稀なる身体能力を発揮、ハリベルにシノビの長の後継者と目され、分身の術などを仕込まれています。

スピカ

スピカは、リゲルの6年後に生まれた女の子です。

作品内ではまだ幼児で言葉を話すことができませんが、周囲の人物の愛情を一身に受けて幸せに育っています。

レムの記憶と名前は戻る?

暴食の大罪司教ライ・バテンカイトスに「記憶」と「名前」を食べられ、眠り姫となったレムですが、プレアデス監視塔からヴォラキア帝国のバドハイム密林に転移させられた後、長い眠りから目覚めました。

しかし、この段階では記憶喪失は続いており、スバル以外の人間にも思い出されていない状態です。

ここでは、1年以上眠り姫となっていたレムに、きちんと記憶と名前が戻るのかについて考察していきます。

「眠り姫」にしたライからは零れ落ちた

まず、レムの「記憶」と「名前」は、暴食の大罪司教ライ・バテンカイトスによって食べられています。

暴食の食事は兄妹間で共有されることが多く、これまでの情報からロイには共有されず、ルイには「記憶」が共有されていたことが分かっています。

バテンカイトスに関しては、プレアデス監視塔のラムとの戦いで、これまで食べた記憶を零している描写があり、レムの記憶と名前も解放され、オドラグナに還った可能性が高いと思われます。

ルイもスバルを拒絶するためレムの記憶を吐いている

レムの記憶を食べていたルイも、「死に戻り」を体験してスバルを異常者だと拒絶した際、関連した記憶を持つレムを零しています。

この時、ルイは二人に分割されていたため、完全に全ての「記憶」がオドラグナに還ったかは不明で、その後のルイとルイの記憶の回廊での争いがどのように決着したか次第で、レムの「記憶」の状態が変わります。

「眠る姫から目覚めた」=「暴食からオドラグナに還った」

ただし、バドハイム密林でレムは眠り姫から目覚めており、これは「記憶」か「名前」、もしくは両方がオド・ラグナに戻ったことを意味しています。

そのため、オド・ラグナからレムへの「記憶」と「名前」の接続にかかる時間が、眠り姫出会った1年間という時間に対してどの程度必要となるのかは不明ですが、どこかのタイミングでパッと戻る可能性が高いと思われます。

特定時点で記憶と名前も戻る

エミリアが周囲に思い出された時は、忘れていたことも忘れていた程に自然に一瞬で戻っているため、レムの記憶や名前が戻る時も、一瞬で起こるものと思われます。

バテンカイトスに暴食の権能を使われた水門都市プリステラの人々も、権能から解放されると思われるため、この人たちがどの程度のタイミングで記憶と名前を取り戻すかで、レムに戻るタイミングも推測できるようになるでしょう。

レムの主なストーリー

鬼族の隠れ里が急襲、目の前でラムが角を失う

レムは、鬼族の隠れ里の双子の鬼姉妹の妹として誕生します。

お姉ちゃんのラムに愛され、レムもラムのことが大好きでしたが、神童であるラムと比較され、どれだけ努力しても近づくことさえできない日々に、レムは懊悩とした気持ちを持つようになり、心の中に僅かな絶望を抱えるようになりました。

魔女教襲撃の際、レムを庇ったラムが角を失いますが、その光景を見て、レムは「やっと折れてくれた」と感じてしまいます。

すぐにその感情を否定したレムでしたが、一瞬でも感じた気持ちに罪悪感を感じ、それ以降、ラムの代替品としての人生を生きることを決意します。

ロズワールの手を借りラムと共に応報を果たす

ロズワール邸に保護されたレムは、ラムと共に里を襲撃してきた魔女教と相対していきます。

4人の中心人物を次々と撃破していき、最後の人物によってミロード家の当主と妻が失われる被害を与えられますが、ラムとレムによって撃破、応報は完遂に至りました。

ラムの代わりとなるべく必死に使用人業に励む

応報を終えた後、フレデリカとクリンドがミロード家に異動となり、レムはラムの代替品となるべく、必死でメイドとしての仕事を果たしていきます。

全てにおいて自分の中の完璧なラムと比較し、擦り切れていく日々を過ごしたレムは、完全に視野狭窄状態となっていき、ラムの幸せの為だけに生きる存在となっていきました。

ウルガルム戦でスバルに心の氷を溶かされる

エミリアがスバルを王都から連れ帰ると、魔女の瘴気によって最大限の警戒をすることとなります。

ラムを傷つける可能性のあるスバルを敵対視し、スバルが信頼を得るまでの周回では、何度かスバルを死に戻りさせる原因となりました。

ウルガルム戦を通じてスバルに心の氷を溶かされると、レムはスバルを「英雄」と尊敬するようになり、完全に懐いて態度を一変、褒めて欲しがりの構ってちゃん犬となりました。

スバルとの共同作業で白鯨を撃破

レムは、スバルを全肯定する存在に見えましたが、スバルが英雄像から外れることを許さず、心が折れかけた時でも、スバルに諦めることを許容しませんでした。

そのことでスバルは、完全に折れた状態から気力を取り戻し、クルシュ陣営、アナスタシア陣営を巻き込んで白鯨討伐へ向かうこととなります。

レムは、スバルの介添人として白鯨戦を共に戦い、見事に白鯨を撃破する活躍を見せます。

ライ・バテンカイトスに「眠り姫」にされる

白鯨戦でマナを使い果たしたレムは、クルシュ達と共に王都に戻ることとなります。

しかし、帰還途中に暴食の大罪司教ライ・バテンカイトスと、強欲の大罪司教レグルス・コルニアスと出会ってしまいます。

戦闘前に名前を名乗ってしまったレムは、レグルスとバテンカイトス相手に敗北、暴食の権能により「記憶」と「名前」を奪われることとなり、眠り姫の状態となってしまいました。

プレアデス監視塔からヴォラキア帝国へ転移

プレアデス監視塔に一緒に連れて行かれたレムは、エミリアが監視塔の試練を全てクリアした後、嫉妬の魔女の影によってヴォラキア帝国へ転移されてしまいます。

プレアデス監視塔で、レムの記憶と名前を食べたバテンカイトスがラムによって撃破、記憶を共有していたアルネブもレムの記憶をこぼしたことで、レムは「眠り姫」の状態からついに目覚めることができました。

「眠り姫」から目を覚ますも「記憶」「名前」は戻らない

ついに目覚めたレムでしたが、まだ記憶と名前は残っておらず、幼い少女のアルネブを庇護しながら、魔女の瘴気を漂わせるスバルに最大限の警戒を果たします。

最初はスバルを敵と認定して、攻撃さえ仕掛けて逃亡するレムでしたが、エル・ギーナとの戦闘、ヴォラキア帝国軍陣地での時間、シュドラクの民との関わりなど、全ての時間において献身的にレムのことを想い続けるスバルに信頼を置くようになりました。

レムの主な関係者

エミリア陣営関係者
エミリア パック スバル ロズワール
ラム レム オットー ガーフィール
ベアトリス フレデリカ リューズ ペトラ
パトラッシュ アンネローゼ クリンド

※リゼロ最新巻29巻が126円(600円割引)で読める!!

リゼロ最新刊29巻が2022年3月25日に発売されました。U-NEXTの31日間無料トライアルに登録することでリゼロの最新刊を600円割引の「126円」で読むことができます。

九神将「ヨルナ・ミシグレ」を陣営に引き入れるため魔都カオスフレームに向かったスバル達は、「幼児化」の危機にさらされ「かくれんぼ」を提案される。再びの窮地に立ち向かうため、スバルはついにルイ・アルネブと向き合うこととなる…!?

リゼロ29巻を600円割引で読む

本ページの情報は2022年4月1日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ABOUT ME
りさ
寝食忘れるほどのラノベ好きが高じてブログを作って執筆を始めてみました! 今まで累計200冊近くのラノベを読破! 好きなタイトルは『Re:ゼロから始める異世界生活』『転生したらスライムだった件』 好きなキャラは『モフモフのグレーの猫型精霊パック!』 オススメVODサービスは『U-NEXT』です!
リゼロのアニメ・OVAを動画配信サービスで楽しむ
VODサービス

下記のリゼロのアニメ・OVAの映像作品は動画配信サービスを利用することで視聴できます。

  • リゼロアニメ 1st season
  • リゼロアニメ 2nd season
  • リゼロOVA「Memory Snow」
  • リゼロ劇場版「氷結の絆」

動画配信サービスには初回登録時に無料で利用できるトライアル期間があり、無料期間を活用することで、リゼロの映像作品を無料で楽しむことができます。

リゼロ作品の取り扱いがあり、かつ無料トライアルの提供がある動画配信サービスを調査しましたので参考にしてください。