鬼滅の刃

「鬼滅の刃」矢琶羽は浅草に登場した矢印を操る鬼!血鬼術「紅潔の矢」の能力と強さ

鬼滅の刃矢琶羽血鬼術「紅潔の矢」の能力

「鬼滅の刃」矢琶羽は、朱紗丸と共に浅草の珠世の診療所を襲撃した鬼。血鬼術「紅潔の矢」で炭治郎を追い詰めたが、弱すぎるため十二鬼月ではないと珠世に断じられた。掌に矢印が刻まれた目を持っており、目を閉じることで血鬼術を発動する。索敵も得意。

矢琶羽のプロフィール

名前 矢琶羽
立場
血鬼術 紅潔の矢
CV 福山潤

浅草の珠世の診療所を襲撃した鬼

矢琶羽は、浅草に潜伏していた鬼舞辻無惨の命を受けて珠世の診療所を襲撃した鬼。目を瞑っているが別に見えない訳ではなく、掌の目のほうが色々と便利なのでこうなっている。

炭治郎と遭遇し縁壱を回顧して胸をざわつかせた鬼舞辻無惨に召集されると、朱紗丸と共に瞬時に登場、花札のような耳飾りをつけた鬼殺隊隊士の頸を持ってくるよう命じられ、無惨から血を分けてもらい強化された。

矢琶羽の血鬼術は索敵にも活用することができ、炭治郎と愈史郎、禰豆子の足取りを追って「目隠しの術」で隠されていた珠世の診療所を発見する手柄を立てた。矢琶羽が発見を共有すると朱紗丸がすかさず鞠で攻撃を仕掛けたが、人間時代から神経質な矢琶羽は自分の着物が塵で汚れたと舌打ちをし、神経質な一面を見せていた。

炭治郎達との戦闘では木の上に潜み、朱紗丸の鞠に血鬼術「紅潔の矢」を付与して予測不能な軌道で鞠を動かし炭治郎達を苦しめた。愈史郎の助言で矢琶羽の存在に気付くと禰豆子が最初は挑んできたが、紅潔の矢を使って遠ざけ近寄らせない。

相手が炭治郎に代わっても「紅潔の矢」を巧みに使って炭治郎を追い詰めたが、水の呼吸の合わせ技・改善技によって頸を撃破され、鬼舞辻無惨に認められたかもしれないという無念と共に敗北した。最後に顔が地面について汚れたことにキレた矢琶羽は炭治郎を道連れにしようと全力の紅潔の矢を放ち、炭治郎は四方八方に飛ばされ続けることになったが、必死に水の呼吸を連発して何とか生存、矢琶羽は塵へと帰った。

矢琶羽の人物像・性格

潔癖症&神経質

人間時代から矢琶羽は神経質な人間であり鬼となってからも変わることがなかった。朱紗丸の先制攻撃で診療所が倒壊されると着物に塵がついたことに腹を立てている。ちなみに朱紗丸とは息が合った戦い方・会話をしているが、この浅草で出会ったのが初対面である。追跡中にたくさん喋ったのである程度互いのことを理解しており共闘できた。

炭治郎に撃破された際にも、敗北したことよりもどちらかというと地面に顔をつけられたことに怒っており、矢琶羽なりの癇癪なのか、最後の最後で大量の紅潔の矢を炭治郎に与えた。

名言

それはもう残酷に殺してやろうぞ

許さぬ許さぬ許さぬ許さぬ、汚い土に儂の顔をつけおって、お前も道づれじゃ!!!

矢琶羽の強さ

紅潔の矢

矢琶羽の血鬼術「紅潔の矢」は、掌の目が閉じることで矢が射出され対象に当たると矢琶羽の操る矢印方向に強制的に動かすことができるもの。基本不可視であり匂いもないため、愈史郎の助けがなければ炭治郎は検知することもできなかった。

朱紗丸の鞠に付与することもできたが、対象に直接付与して無理な方向に肉体を移動させて攻撃することもでき、正直最初に炭治郎が見えていない段階で鞠に付与するのではなく、炭治郎に紅潔の矢を与えれば勝てていたのではないかと思われる。

日輪刀で切断することはできないが、紅潔の矢に引っ張られる力を炭治郎が水の呼吸でどうにかしていることから、鬼殺士の有力隊士であれば見えてさえいれば紅潔の矢はどうにかできる類のものかもしれない。

血鬼術は強いが本体の戦闘能力は大して高くなく、全集中の呼吸・常中を身につける前の炭治郎にあっさり敗北した。

ABOUT ME
りさ
寝食忘れるほどのラノベ好きが高じてブログを作って執筆を始めてみました! 今まで累計200冊近くのラノベを読破! 好きなタイトルは『Re:ゼロから始める異世界生活』『転生したらスライムだった件』 好きなキャラは『モフモフのグレーの猫型精霊パック!』 オススメVODサービスは『U-NEXT』です!
リゼロのアニメ・OVAを動画配信サービスで楽しむ
VODサービス

下記のリゼロのアニメ・OVAの映像作品は動画配信サービスを利用することで視聴できます。

  • リゼロアニメ 1st season
  • リゼロアニメ 2nd season
  • リゼロOVA「Memory Snow」
  • リゼロ劇場版「氷結の絆」

動画配信サービスには初回登録時に無料で利用できるトライアル期間があり、無料期間を活用することで、リゼロの映像作品を無料で楽しむことができます。

リゼロ作品の取り扱いがあり、かつ無料トライアルの提供がある動画配信サービスを調査しましたので参考にしてください。