Re:ゼロから始める異世界生活のネタバレ【小説・アニメ・漫画】

「リゼロ」フォルトナはエミリアに母様と慕われたエルフ|憤怒の大罪司教となった可能性

リゼロエミリアの育ての母様 フォルトナ 憤怒の大罪司教となった?

「リゼロ」フォルトナは、エルフの隠れ里でエミリアと封印の扉を守る「守り人」の役目を担っていた女性です。

フォルトナの強さ、ジュースとの関係、憤怒の大罪司教となった説など、リゼロのフォルトナを詳しく知りたい方は本記事をご覧ください。

フォルトナとは?

エルフの隠れ里の長老&守り人

フォルトナは、エルフの隠れ里の長老にして、エミリアと封印の扉を守る「守り人」を務める女性です。

元々は隠れ里に住んでいたエルフではありませんでしたが、兄にエミリア封印の扉を託されたことで、それらを守る場所としてマナが充満するエリオール大森林を選定、隠れ里に協力をしてもらうこととなりました。

エミリアの父の妹

エミリアには「フォルトナ母様」と呼ばれていますが、実の母ではなく、フォルトナはエミリアの父の妹です。

兄と義姉に気を遣って、自分は母様ではないよとエミリアに教えてきましたが、別れの際には自分が母であることを受け入れ、エミリアを愛しい我が子として愛情を伝えていました。

ジュースと想い合う関係

魔女教創設者の一人であるジュースとは、互いに想い合う関係です。

フォルトナが生まれた時からジュースは見守ってきた間柄であり、長い時を経て二人は想い合うようになりました。

しかし、フォルトナにも、ジュースにも、それぞれに使命があり、互いに責任感が強いこともあって、その使命を果たすまでは個人を優先することはできないと考えていたため、想い合いながらも恋仲にはなっていません。

ただし、パンドラが森に襲撃してきた際には、フォルトナは命を賭してジュースの元に戻っており、ジュースのいない世界で生きていくことはできないと愛を告白しました。

フォルトナの強さ・能力

エミリアが驚くほどの魔法出力

フォルトナは火のマナに適性があり、エミリアと同じように氷魔法を主に扱います。

ゲートは魔法出力に長け、エミリアが驚くほどの大魔法を行使することができました。

フォルトナは憤怒の魔女となった?

シリウスとの共通点が多数

フォルトナはエリオール大森林に倒れることとなりますが、憤怒の大罪司教として復活している可能性があります。

水門都市プリステラで登場した憤怒の魔女シリウスは、フォルトナと次の点で同一人物であると主張できます。

  • 「憤怒の魔女」となってからの年数が一致
  • 長命の理由が種族
  • ジュースへの愛

エミリアが体内のマナを暴走してエリオール大森林を永久凍土に変えた後、パンドラによって死をなかったことにされ、憤怒の魔女因子によって復活したのかもしれません。

「虚飾の魔女」によって記憶が封印されている?

パンドラは、エミリアに自身の記憶を封印させたように、相手の記憶さえも「なかった」ことにできます。

この力をフォルトナに用いたのであれば、フォルトナがエミリア達の記憶を忘れ、ジュースへの想いだけを残して大罪司教となったことにも説明がつきます。

フォルトナの主なストーリー

兄からエミリアと封印の扉を任される

フォルトナは、長年兄とは方向性が合わない関係でしたが、最後に娘のエミリアと「封印の扉」を託され、守り抜く約束をします。

エリオール大森林の隠れ里に住むエルフ達に頼り、封印の扉を森の奥の広場に置き、育て親としてエミリアの成長を見守る暮らしを始めました。

エミリア、ジュースと幸せな日々を過ごす

エリオール大森林には、物資の提供をするために、ジュースが隔週程度の頻度で訪れます。

フォルトナが幼い頃からジュースは見守ってくれていた存在であり、ジュースと互いに想い合う関係でしたが、フォルトナにはエルフの里の長の責任があり、ジュースにはフリューゲルに託された役目があったことから、二人は立場を優先し、恋仲になることはありませんでした。

それでも、可愛いエミリアとジュース達との日々は、フォルトナに幸せな時間をもたらします。

ジュースと一緒にエミリアの育ての両親となる

エミリアがお姫様部屋を抜け出して封印の扉を発見すると、その帰りにジュースと出会ってしまいます。

フォルトナは、「ジュースをエミリアに会わせることができない」理由を持っていましたが、不可抗力で出会ってしまったため、一応怒るだけ怒り、その後二人が会うことを絶対的に阻止するようなことはなくなりました。

エミリアがジュースに会いたいがため、お腹痛い事件を引き起こした際は、二人でエミリアの教育方針について話すなど、両親のようなやりとりをします。

これらの日々は、後にエミリアに自分には両親が二人ずついると言われることに繋がり、フォルトナは育ての母ジュースは育ての父という認識を持たれました。

虚飾の魔女パンドラ出現によりアーチにエミリアを託す

虚飾の魔女パンドラがエリオール大森林に現れると、フォルトナはパンドラに向けて全力の氷魔法を放ちます。

フォルトナの兄と義姉は、パンドラによって失われており、その復讐相手が目の前に現れたことで、冷静さを失って全力の攻撃を仕掛けていたのでした。

その場にエミリアがいたことで、ジュースが時間稼ぎをしている間、フォルトナがエミリアを里に連れて行くこととなります。里も魔女教に襲撃されており、アーチから状況の報告を受けると、フォルトナはアーチに「守り人」の役目エミリアを託し、森の外に逃げるように告げました。

お別れを予感したエミリアは、泣いてフォルトナに抱きつき、離れたくないと主張します。フォルトナは、ずっと側にいるとエミリアに約束し、ジュースの元へと戻っていきました。

怠惰の魔女因子を取り込んだジュースの攻撃を受ける

ジュースとフォルトナが合流すると、パンドラがレグルスを「いなかったこと」にし、二対一の状況となります。

生還の望みを得た二人は、パンドラ相手に奮戦、エリオール大森林の中で激戦を繰り広げますが、パンドラには攻撃が通じず、封印の扉がある広場まで誘導されてしまいました。

封印の扉の前にエミリアがいたことに驚いたフォルトナでしたが、エミリアを庇いながらパンドラと戦闘、しかし「見間違え」でエミリアをパンドラと間違えて叩いてしまったことで、すぐに駆け寄って抱きしめます。

そこに、ジュースがパンドラの権能により、フォルトナとパンドラを見間違え、「見えざる手」によってフォルトナは体を突き抜かれることとなってしまいました。

命を落とす寸前、フォルトナはエミリアに愛の言葉を伝え、そして散っていきます。

フォルトナの主な関係者

エリオール大森林(永久凍土前)
エミリア フォルトナ アーチ ジュース
パンドラ レグルス 黒蛇 フリューゲル
ABOUT ME
りさ
寝食忘れるほどのラノベ好きが高じてブログを作って執筆を始めてみました! 今まで累計200冊近くのラノベを読破! 好きなタイトルは『Re:ゼロから始める異世界生活』『転生したらスライムだった件』 好きなキャラは『モフモフのグレーの猫型精霊パック!』 オススメVODサービスは『U-NEXT』です!
リゼロのアニメ・OVAを動画配信サービスで楽しむ
VODサービス

下記のリゼロのアニメ・OVAの映像作品は動画配信サービスを利用することで視聴できます。

  • リゼロアニメ 1st season
  • リゼロアニメ 2nd season
  • リゼロOVA「Memory Snow」
  • リゼロ劇場版「氷結の絆」

動画配信サービスには初回登録時に無料で利用できるトライアル期間があり、無料期間を活用することで、リゼロの映像作品を無料で楽しむことができます。

リゼロ作品の取り扱いがあり、かつ無料トライアルの提供がある動画配信サービスを調査しましたので参考にしてください。