Re:ゼロから始める異世界生活のネタバレ【小説・アニメ・漫画】

「リゼロ」ミネルヴァは400年前の憤怒の魔女!甚大な被害をもたらした権能の正体

リゼロミネルヴァは400年前の憤怒の魔女!甚大な被害をもたらした権能の正体

「リゼロ」ミネルヴァは、400年前の時代に君臨した憤怒の魔女です。ミネルヴァの権能「癒しの力」がもたらした世界への甚大な被害、エルフ族との関係、魔女に覚醒した理由と最期、これまでの活躍など、リゼロのミネルヴァを詳しく知りたい方は本記事をご覧ください。

ミネルヴァとは?

400年前の憤怒の魔女

ミネルヴァは400年前の魔女の時代の「憤怒の魔女」です。

世界から争いがなくならないことに憤怒し、より強い力が誕生すれば争いはなくなると望んで力に目覚め、それでも争いがなくならなかったため、「癒しの力」に目覚めます。

癒しの力によって争いを無意味なものと変え、ミネルヴァは400年前の魔女の中で唯一多くの人類を救った魔女でしたが、同時に多くの人類の命を無意識のうちに奪った魔女でも在り、世界で最も忌み嫌われた魔女となりました。

エルフと強い繋がりを持つ

エルフの一族とも強い繋がりを持っており、ミネルヴァの最期は決死隊として出陣したエルフの舞台を助けるために「ボーロイド平原」へと向かい、そこで罠に嵌められて「狂死」しています。

聖域を出た後も、400年後の世界でもエルフが迫害を受けていることを知って怒髪天、エキドナが宥めなければ大惨事になるような状況となっていました。

エミリア、サテラにも深い愛情を持っており、二人との繋がりも注目されています。

ミネルヴァの強さ・能力

「癒しの力」

ミネルヴァの憤怒の権能は「癒しの力」です。

破壊エネルギーを癒しのエネルギーの変更する力であり、相手に攻撃を加えることで癒すことができます。

これは「事象改変」とも言える強力な力であり、実現するために「オドラグナ」に魂の回廊を強制接続、世界のマナを使用して実現しているため、本来世界に行き渡るはずのマナを横取りしている状態でした。

無自覚に最も甚大な被害をもたらした

無意識のうちにミネルヴァは世界に渡るはずのマナを奪っていたことで、世界各所でマナ不足の場所が発生し、天変地異が多発します。

その自然災害による犠牲は魔女随一、世界に魔獣を解き放ったダフネや、世界を戦乱に陥れたカーミラよりも多くの数の被害をもたらし、世界中から忌み嫌われる存在となってしまいました。

ミネルヴァが魔女に覚醒した理由と最期

世界から争いをなくすために強大な力を求める

400年前、世界から争いがなくならないことにミネルヴァは悲嘆します。

悲嘆は憤怒に変わり、より強大な力を持つことで抑止力になると考えたミネルヴァは、鍛えに鍛え、尋常ではない力を得ることに成功します。

しかし、それでも争いはなくならず、ミネルヴァはより多くの力ではなく、必要なのは癒しの力だと考えるようになりました。

傷つける力ではなく癒しの力を獲得

権能に目覚めて癒しの力を手に入れたミネルヴァは、世界の争いがある場所をひたすらに駆け回り、世界から争いを無くしていきます。

しかし、その権能は「オド・ラグナ」との強制接続によるマナ簒奪の上に成り立っており、ミネルヴァが人を救うほどに、自分の知らない所で人の命が奪われていくという事態が引き起こされました。

エルフ救出時に罠に嵌められて狂死

世界から争いがなくなることはなく、ミネルヴァは決死隊として出陣したエルフを救出するためn出陣します。

しかし、これは世界からミネルヴァへに向けて仕組まれた罠であり、ミネルヴァはここで「狂死」、エキドナによって魂を蒐集されることとなりました。

ミネルヴァの主なストーリー

二度目の魔女の茶会でスバルを癒す

ミネルヴァは聖域の夢の城に囚われており、スバルが聖域に現れると「魔女の茶会」に顔を出すようになります。

二度目の茶会の際には、ダフネによって粉々に砕かれたスバルの前に登場、破壊の力によってスバルの傷を癒し、「次は皆癒しだからね!」と泣きながら叫んで帰っていきました。

三度目の魔女の茶会でスバルとエキドナの契約を止める

三度目の魔女の茶会では、エキドナとスバルが正式な契約を結ぼうとしたため、ギリギリのところで割って入って阻止しました。

他の魔女達も全員集合となり、サテラも現れるとミネルヴァは泣きそうな表情で見つめます。

スバルが発狂して倒れると、ダフネやセクメトの妨害を乗り越え、癒しの力によってスバルを助けました。

試練を乗り越えたエミリアを抱きしめる

エミリアがスバルとの絆を深めて聖域の試練に挑むと、エキドナがショックで夢の城に顔を出さなくなり、ミネルヴァが三つ目の試練の後の対応を任されます。

三つ目の試練は「起こりうる可能性」を見せたものだと説明、エミリアが自分の母親を知っているのかと問うと、ミネルヴァは後ろから抱きしめて涙を流しました。

今度は全員でお茶会をしましょうとエミリアに提案され、ミネルヴァはこれを承諾、エキドナの首根っこを掴んででも連れてくると笑顔になります。

エルフが現在も迫害を受けていることに憤怒

エキドナがリューズの体に魂を転写すると、ミネルヴァも他の魔女達と共にメイエルの魔水晶に転写されます。

森の外に出る際に遭遇した山賊から、現在もエルフが迫害の対象となっていることを知り、怒髪天をつく勢いで憤怒し、思わずエキドナがミネルヴァをフォローして宥めることとなりました。

コレット、パルミラの同行に期限を設ける

コレット、パルミラが同行することとなった後、ミネルヴァは魔女の茶会で反対します。

エキドナの強力な瘴気は、側にいるほど相手を発狂させていくこととなり、二人に耐性があるとしても時間経過と共に危険性が高まると判断していました。

それでも、不慣れな体となったエキドナに護衛が必要であることを認め、エキドナに魔女としての力が戻る二年の間という条件で、二人の同行を認めることとなります。

リゼロのアニメ・OVAを動画配信サービスで楽しむ
VODサービス

下記のリゼロのアニメ・OVAの映像作品は動画配信サービスを利用することで視聴できます。

  • リゼロアニメ 1st season
  • リゼロアニメ 2nd season
  • リゼロOVA「Memory Snow」
  • リゼロ劇場版「氷結の絆」

動画配信サービスには初回登録時に無料で利用できるトライアル期間があり、無料期間を活用することで、リゼロの映像作品を無料で楽しむことができます。

リゼロ作品の取り扱いがあり、かつ無料トライアルの提供がある動画配信サービスを調査しましたので参考にしてください。