Re:ゼロから始める異世界生活のネタバレ【小説・アニメ・漫画】

「リゼロ」エキドナは400年前の強欲の魔女!権能と目的、再臨後の活動

リゼロエキドナは400年前の強欲の魔女!権能と目的、再臨後の活動

「リゼロ」エキドナは、400年前に君臨した強欲の魔女です。エキドナの権能と本当の目的、400年前から仕掛けている行動、再臨後の動きなど、リゼロのエキドナを詳しく知りたい方は本記事をご覧ください。

エキドナとは?

400年前の「強欲の魔女」

エキドナは、400年前に君臨した「強欲の魔女」です。

世界を崩壊から救うという強欲な願いを掲げ、必要な仲間を集め、失敗してもなお未来へと繋げるための仕掛けをしている存在です。

400年前の魔女の中で、サテラ以外で唯一体が完全な状態で保全されており、物語終盤での復活も期待されます。

人工精霊の生みの親

エキドナは人工精霊の生みの親であり、これまでに少なくとも三体の人工精霊が創造されたと明らかになっています。

  • 襟ドナ
  • パック
  • ベアトリス

パック、ベアトリスと生活をしていた際には、雲の上の山頂に魔女の屋敷を構えており、そこにたどり着けた者の願いを叶えるということをしていました。

また、400年前にフリューゲルと組んでいたことも判明しており、「シャウラ」「ジュース」を生み出した存在である可能性もあります。

魔女達の魂を蒐集

サテラが嫉妬の魔女因子に狂った後、サテラを除く魔女達はそれぞれ非業の死を遂げることとなりました。

エキドナは、魔女達の魂を神龍ボルカニカが蒐集する前に、自らの手で蒐集して自分の体と共に聖域の墓所に封印、「夢の城」で茶会をするなどして、400年後の機会が来るのを共に待ち続けることとなりました。

オメガとして再臨

スバルを導いて聖域を解放させた後は、事前に魂を転写していたリューズ・シーマの支配力を強めて転移します。

他の魔女達の魂は、リューズ・メイエルが核となって結界を展開していた魔晶石の中に入れ、共に聖域を出て、世界に再臨しています。

エキドナの強さ・能力

権能「叡智の書」

エキドナの権能「叡智の書」は、世界の過去現在未来の全ての情報を知ることができるというものです。

この権能を利用すれば、目的達成の最善手段を容易に発見することができます。

ただし、「叡智の書」は可能性を探求して未知を知りたいと望むエキドナの心とは相反しており、エキドナは滅多なことがない限り使わないとされています。

大魔法使い

また、歴史上全てを見ても、エキドナは三本の指に入る大魔法使いです。

扱うことのできる魔法はいずれも深淵に達しており、膨大な魔力は、風を起こすだけで夜空から雲をなくすことができるなど圧倒的なものでした。

また、400年後にも残り続ける結界も展開しており、それが「聖域」と「プレアデス監視塔」になります。

どちらも「試練」「試験」という名称の違いはあれど、三つの難関を乗り越えることで、欲しいものが得られるという結界となっていました。

エキドナの400年前の魔女としての行動

圧倒的な力を持ち世界を救うことを決める

エキドナは、世界を滅ぼすことのできる程の圧倒的な力を持っており、その力を支配に使うのではなく、全てを救うことに使うと決めます。

しかし、圧倒的な力を持つエキドナでさえも、全てを救うためには、手が足りない、届かないと感じ、協力者の必要性を感じます。

そこで「扇動者」であるフリューゲルやホーシン、剣聖レイド、神龍ボルカニカと手を組み、世界の破滅を回避するための計画を立てていきます。

長い刻を数多の命を犠牲にして目的に向けて進む

フリューゲル達と立てた計画は失敗しましたが、エキドナは諦めることは決してせず、最初に得た仲間達を全員失った後も、その魂を踏み台にして目的を達成するために進んでいきます。

それは、長い刻であり、その先でスバル達と出会ったのでした。

エキドナの主なストーリー

パックやベアトリス、襟ドナを生み出す

エキドナは、雲の上に突き抜ける山頂に建てた魔女の屋敷で生活しており、そこで三体の人工精霊を生み出します。

  • 襟ドナ
  • パック
  • ベアトリス

ベアトリスが誕生した段階ではパックしかおらず、パックも剣聖の一族と共に竜を撃退した後、エミリアを探しにベアトリスのもとを去っていきます。

フリューゲル達と手を組む

世界の崩壊から全てを救うため、エキドナはフリューゲル達と手を組みます。

剣聖レイドとフリューゲルを引き合わせ、神龍ボルカニカと手を組み、来る災厄に備えました。

初代ロズワールを「発魔期」から救う

また、パックが去った後は初代ロズワール・アルタイル・メイザースの元を訪れ「発魔期」から救います。

ロズワールを唆して親族を追い落として家督の座を手中に収めさせ、聖域を構築するための土地を提供してもらいました。

聖域でヘクトールの襲撃に遭う

ベアトリス、ロズワール、リューズと共に聖域構築を進めていく中、想定より早く「憂鬱の魔人」ヘクトールが襲撃してきます。

エキドナはリューズの犠牲を受け入れ、リューズを核に聖域を展開、ヘクトールを追い払うことに成功します。

しかし、この戦いによりロズワールは魔法使いとして立てなくなり、エキドナは隠居を命じ、ベアトリスに禁書庫の管理を任せました。

墓所の中で眠りにつく

聖域に一人となったエキドナは、聖域の墓所に新たな結界を展開、魔水晶の棺の中で眠りにつきます。

この時には魔女達の魂は蒐集済みとなっており、エキドナは長い時を彼女達と共に過ごしました。

魔女スピンクス誕生

魂の転写技術を研究していたエキドナは、リューズの複製体に、自らの魔女としての力を転写します。

しかし、複製体の器はエキドナの魂を全て注ぐ事はできず、人格が溢れ、世界の破滅を願う危険な存在となってしまいました。

複製体はスピンクスと名付けられ、ルグニカ王国に亜人戦争を引き起こします。

墓所に入ったシーマに魂を埋め込む

時が流れ、ガーフィールの後を追ってリューズ・シーマが墓所の遺跡の中に入ってきます。

シーマはそこでリューズ・メイエルの在りし日の記憶を知ることとなりますが、エキドナはシーマに自らの「魔女としての力」を削った存在を転写し、種を植えていきました。

聖域を突破するようスバルを導く

聖域にスバルが現れると、エキドナはロズワールの仕組んだ盤面を操りながら、どうにかしてスバルに聖域を解放させようと目論みます。

途中で本当にスバルと契約して知識欲を満たすことも考えましたが、スバルの判断により契約は却下、エキドナも本来の目的である聖域解放に向け、スバルを通じて盤面を動かしていきました。

シーマの体に転写して聖域を出る

エミリアが墓所の試練を突破すると、エキドナはシーマへの転写を完了させます。

同時に、リューズ・メイエルの核を解放するという名目でクリスタルに触れ、発光した隙に魔水晶を回収して姿を隠し、魔水晶の中に魔女達の魂を転写させました。

そして聖域を脱出、建国を手伝った縁があるというカララギ都市国家へと向かっていきます。

コレット、パルミラを同行者とする

オメガと名乗るようになったエキドナは、リューズの体に慣れず、冬の川に転落、そのまま流されていた所を川付近に住むコレットに助けられます。

コレットは、エキドナが作ったミーティア「獣護輪」に振り回されており、護衛が必要なこと、ミーティアの使い方を指導したいことを理由に、魔法使いの才能があり、エキドナの瘴気に耐性のあるコレット、パルミラを同行者としました。

ライサを同行者とする

カララギへ向かったはずのエキドナ一行は、なぜかグステコ聖王国の吹雪の山の中に遭難していました。

巡回聖教師のライサに出会うと、最寄りの教会に一晩身を寄せることとなり、そこで複雑怪奇な謎解き事件に巻きこまれます。

長年の復讐があっけない形で終えたライサをコレットが仲間に誘い、エキドナもこれを了承、近接戦に圧倒的な強さを持つライサが仲間となりました。

※リゼロ最新巻29巻が126円(600円割引)で読める!!

リゼロ最新刊29巻が2022年3月25日に発売されました。U-NEXTの31日間無料トライアルに登録することでリゼロの最新刊を600円割引の「126円」で読むことができます。

九神将「ヨルナ・ミシグレ」を陣営に引き入れるため魔都カオスフレームに向かったスバル達は、「幼児化」の危機にさらされ「かくれんぼ」を提案される。再びの窮地に立ち向かうため、スバルはついにルイ・アルネブと向き合うこととなる…!?

リゼロ29巻を600円割引で読む

本ページの情報は2022年4月1日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

リゼロのアニメ・OVAを動画配信サービスで楽しむ
VODサービス

下記のリゼロのアニメ・OVAの映像作品は動画配信サービスを利用することで視聴できます。

  • リゼロアニメ 1st season
  • リゼロアニメ 2nd season
  • リゼロOVA「Memory Snow」
  • リゼロ劇場版「氷結の絆」

動画配信サービスには初回登録時に無料で利用できるトライアル期間があり、無料期間を活用することで、リゼロの映像作品を無料で楽しむことができます。

リゼロ作品の取り扱いがあり、かつ無料トライアルの提供がある動画配信サービスを調査しましたので参考にしてください。