Re:ゼロから始める異世界生活のネタバレ【小説・アニメ・漫画】

「リゼロ」ロイ・アルファルドは悪食を名乗る暴食の大罪司教|カペラをママと慕う理由は

リゼロ暴食の大罪司教 ロイ・アルファルド 量重視の「悪食」

「リゼロ」ロイ・アルファルドは、悪食を名乗る暴食の大罪司教です。色欲の大罪司教であるカペラをママと慕っており、妹のルイに呆れられています。

リゼロのロイ・アルファルドを詳しく知りたい方は本記事をご覧ください。

ロイ・アルファルドとは?

暴食の大罪司教

ロイ・アルファルドは、暴食の大罪司教の一人です。

三兄弟の次男にあたり、水門都市プリステラで初登場しました。

黒蛇と関連した名前

アルファルドはうみへび座に関連する名前であり、ロイ・アルファルドは三大魔獣の一角「黒蛇」と名前が符合しています。

ただし、黒蛇は白鯨や多兎以上にコントロールができないと示唆されており、ライが白鯨を動かしていたようには、ロイは黒蛇を管理することはできないものと思われています。

悪食

ロイ・アルファルドは、暴食の中でも「悪食」を名乗る大罪司教です。

質よりも量を重視しており、とにかくたくさんの食事をすることを信条としています。

兄のライは美食家、妹のルイは兄二人から食事が提供される立場であるため、リゼロ世界で起きた暴食の被害の多くがロイ・アルファルドによって引き起こされたものです。

カペラの息子疑惑

ロイ・アルファルドは、「色欲の大罪司教」カペラのことを「ママ」と呼んでおり、息子疑惑があります。

ロイ・アルファルドがカペラと出会った経緯はまだ明らかになっておりませんが、ロイはプレアデス監視塔から王城へ連行される予定となっているため、カペラが王都を襲撃してくることがあれば、そこで関係性が明かされることでしょう。

ロイ・アルファルドの強さ・能力

記憶/名前を食べる

ロイ・アルファルドは、暴食の権能である「蝕」を使用します。

「蝕」は、オド・ラグナに記憶されている対象人物の記憶と名前を奪う権能であり、「記憶を食べる」ことで相手の記憶を奪い、「名前を食べる」ことで周囲の記憶から相手の記憶を奪います。

両方を食べられた相手は、「眠り姫」と呼ばれる状態となり、呼吸はして生きてはいるものの、一切の時間経過からも隔離された状態となってしまいます。

月食

「月食」は、記憶を食べた相手の能力を再現する権能です。

過去に食べた人物の記憶と経験を用いて、武術や剣術、魔法などといったその人物が鍛え上げた技を再現することができます。

再現する体はロイのものであるため、100%完全に再現することはできませんが、複数の達人技を状況に合わせて駆使することによって、元の人物よりも強い存在となることができます。

日食

「日食」は、相手の存在を自分の魂に上書きする権能です。

記憶と名前の両方を食べることによって使用可能となり、肉体も相手のものに再現し、100%完全な形で能力を使用できるようになります。

ただし、自分の魂に相手の存在を上書きするため、自分の魂に相手の自我が入り込むこととなり、多用すると自分の自我を失う結果となってしまいます。

ロイ・アルファルドに食べられた人物

ヨシュア

ヨシュアは、水門都市プリステラでヘータロー達の代わりに暴食に関する「手紙」を受け取りに向かい、そこでシュルトと共にロイ・アルファルドと遭遇してしまいます。

シュルトに手紙を託し、逃走する時間を稼ぐためにロイ・アルファルドに立ち向かった結果、名前と記憶のどちらも食べられることとなりました。

ユリウス

ユリウスは、制御塔同時奪還作戦においてリカードと共にロイ・アルファルドと対峙します。

ヨシュアの記憶を奪っていたロイ・アルファルドはユリウスを挑発、予想通りの動きに誘導、ユリウスの「名前」を奪うことに成功しました。

剣聖レイド

剣聖レイドは、プレアデス監視塔の二階層の試験官として登場、ロイ・アルファルドがライと共に塔を襲撃してきた際に遭遇します。

当初、ロイ・アルファルドは全くレイドの相手にはなりませんでしたが、レイドが自らロイに食べられることを望んだことで、ロイ・アルファルドがレイドを飲み込む形となりました。

しかし、ロイ・アルファルドではレイドを処理しきることができず、ロイの魂が上書きされ、レイドが肉体を得る結果となります。

ロイ・アルファルドの主なストーリー

プリステラでヨシュアを食べる

ロイ・アルファルドは、福音書の導きによって水門都市プリステラを訪れます。

カペラとの約束の時間までを二番街の制御塔近くで過ごしていたロイ・アルファルドでしたが、目の前に暴食に関わる秘密が書かれた手紙を持つヨシュア、シュルトが現れます。

ヨシュアがシュルトに手紙を託して逃走させると、ロイ・アルファルドはヨシュアと対峙、その名前と記憶の両方を食べて眠り姫の状態にさせました。

二番街の制御塔を襲撃

ロイ・アルファルドは、予定通りに二番街の制御塔を襲撃、近くにいたオットー白竜の鱗と対峙します。

この時点でロイ・アルファルドはオットーの存在を認識していなかったため、白竜の鱗が必死にオットーを逃し、ロイ・アルファルドはそれを見逃す結果となりました。

このことによって、後にオットーが兄ライ・バテンカイトスと遭遇することになります。

カペラと合流し都市庁舎の屋上を防衛

ロイ・アルファルドは、色欲の大罪司教であるカペラを「ママ」と呼んでおり、カペラとの約束に従って都市庁舎屋上に陣取ります。

カペラによる「魔女の遺骨」要求の放送が終わると、王選陣営から討伐隊が派遣され、ロイ・アルファルドは屋上でスバル、クルシュ、ユリウスと対峙することになりました。

暴食との因縁があるスバルとクルシュには激昂されますが、ロイ・アルファルドは二人とは面識がないため、自分ではないと説明しながら攻撃をいなします。

ユリウスに牽制されると、スバルとクルシュは先に通し、屋上でユリウスと一対一の戦いとなります。直後、水門から放たれた濁流が都市庁舎まで押し寄せたことで、ロイ・アルファルドも戦闘をやめて脱出することとなりました。

ユリウスの「名前」を食べる

ロイ・アルファルドは、大罪司教の任務として二番街の制御塔の守護任務にあたります。

そこには、ユリウスリカードが向かい、ロイ・アルファルドは二人と対峙することとなりました。

ヨシュアの記憶を持っているロイ・アルファルドは、僕の英雄二人が会いに来てくれたと感動しながら、狡猾にユリウスの動きを誘導、暴食の権能で「名前」を奪い、リカードの記憶からユリウスを喪失させます。

連携が拙くなったところで隙を突き、リカードの片腕を奪った後で逃走、その場を後にしました。

プレアデス監視塔でレイドに魂を上書きされる

妹のルイ・アルネブからプレアデス監視塔の情報が渡され、ロイ・アルファルドはライと共に「飛龍操り」で監視塔に向かいます。

ロイ・アルファルドも、兄ライや妹ルイと同じように「最高の人生」を探している存在であるため、ルイからの情報で、スバルの「死に戻り」の権能を獲得できれば、自分達の望みは満たされると考えていました。

ロイ・アルファルドは、ライとは別行動で塔の上へと登っていき、そこで剣聖レイドと対峙することとなります。

レイドにロイ・アルファルドはボコボコにされますが、気紛れにレイドが暴食の権能で食べられることを許容、ロイ・アルファルドはレイドを丸呑みして見せます。

しかし、レイドの魂を器に収めることができず、逆にロイ・アルファルドの魂がレイドに上書きされる結果となります。

結果として、剣聖レイドがロイ・アルファルドの肉体を持って監視塔に再臨することとなり、二階層を出て自由に動き回ることのできる状態となってしまいました。

シャマクの封印を施される

剣聖レイドとユリウスの戦いは、最終的にレイドの魂にロイ・アルファルドの肉体がついて来られなかったことで決着、レイドは灰となり、その中から気絶したロイ・アルファルドが現れます。

ロイ・アルファルドは、ユリウスによって嫉妬の魔女サテラを封印している方法と同じ手段、シャマクを結晶化させたもので封印され、王都へ連行されることとなりました。

ABOUT ME
りさ
寝食忘れるほどのラノベ好きが高じてブログを作って執筆を始めてみました! 今まで累計200冊近くのラノベを読破! 好きなタイトルは『Re:ゼロから始める異世界生活』『転生したらスライムだった件』 好きなキャラは『モフモフのグレーの猫型精霊パック!』 オススメVODサービスは『U-NEXT』です!
リゼロのアニメ・OVAを動画配信サービスで楽しむ
VODサービス

下記のリゼロのアニメ・OVAの映像作品は動画配信サービスを利用することで視聴できます。

  • リゼロアニメ 1st season
  • リゼロアニメ 2nd season
  • リゼロOVA「Memory Snow」
  • リゼロ劇場版「氷結の絆」

動画配信サービスには初回登録時に無料で利用できるトライアル期間があり、無料期間を活用することで、リゼロの映像作品を無料で楽しむことができます。

リゼロ作品の取り扱いがあり、かつ無料トライアルの提供がある動画配信サービスを調査しましたので参考にしてください。